焦りは禁物!【見た目で判断しづらい心の病はじっくり治す】

男性

辛い時は無理をしない

誰もがなりうる病気

カウンセリング

ライフスタイルが多種多様になっている現代社会は、多様な価値観を持った人が存在しているので人間関係に悩みを持っている人が大勢います。多様な価値観があるにも関わらず、新しい発想やアイディア、意見を寛容に受け入れる風潮は浸透していないとも言えるでしょう。マイノリティであることに対して少しずつ理解がされる世の中にはなっていますが、集団の意見を重んじる風潮の中では少数派の意見を持つ人は生きることに苦しさを感じている人も存在しています。誰もが何かしらのストレスを抱えながら生きている現代人ですが、周囲に相談をする人がいない方は孤立しがちになります。また、理解をしてもらえないことにも悩んでいる方も同様です。このような状況に陥ると、心の病を発症することも珍しくはありません。職場や学校で頑張っているのに正当に評価をしてもらうことができていない、自分の考えを誤解されているなど人によって心の病は異なりますが、重症になってしまうと社会生活にも影響を与えることになります。また、時には自ら命を絶つこともあるので深刻な問題です。周囲が気づくことも重要な事ですが、心の病は目で見ることができないので発見が難しいのが難点です。

辛い時の対処法

心の病は本人ですら、気づかないこともあります。また、周囲に迷惑をかけたくないと思う責任感が強く優しい人ほどかかりやすいのも特徴です。普段の様子と違うと気づくことがあれば、何があったのか話を聞くだけでも気持ちが楽になるので相談相手になることも大切です。生きることに意味を見出すことができないなどの発言があれば、早期に心療内科を受診することも大切です。頑張っているからこそ、思い悩むので時には仕事や学校を休んでゆっくりするように勧めるように配慮をしてください。気分転換をすることで、元気になる可能性もあります。それでも気持ちが改善しないようであれば、心療内科を受診することです。専門家に回数を重ねて相談をすることで、気持ちを整理することができます。現在の悩みだけではなく、過去のトラウマも影響していることがあるので原因を探すことも大切です。心の病は、経験なども複雑に絡んでいるので聞き手は話している人の内容を否定することなく、耳を傾けるようにしてください。よく頑張ったなど前向きな言葉をかけるだけでも、気持ちが楽になります。そのうえで、感想を伝えるようにすると良いでしょう。存在を肯定して、生きる希望を持つことが心の病を克服するためには大切です。